メジャーキー(長調)とメジャースケール(長音階)

キー(調)にはメジャーキー(長調)とマイナーキー(短調)があって、 それぞれ異なったスケール(スケール)で成り立っています。 最も馴染み深いメジャースケールといえば、 鍵盤のド(C音)からはじまり、白鍵のみを使用する Cメジャースケールでしょう。

メジャーキー(長調)とメジャースケール(長音階)について

これを例にとると、はじまりとなるド(C)をトニック(主音)と呼び、 第4音のサブドミナント(ファ)、第5音のドミナント(ソ)、 トニックを導く第7音のリーディングノート(シ)が主要な音とされています。 主音からとなりあった2度の音程はミとファ、シとドは、間隔が半音になり、 その他の音の隣同士は全音で構成されています。 ピアノの鍵盤を見るか、思い浮かべていただけると 一発でわかると思います。
posted by 採譜フレーム at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

音程−協和音と不協和音について

音程は、二つの音の間で生じる調和の度合いによって、 以下のように分けることができます。 まず、協和音程は「完全協和音程」と「不完全協和音程」に分けることができます。 完全協和音程は、完全1度、完全4度、完全5度、完全8度に分けられます。 そして、不完全協和音程は、長3度、短3度、長6度、短6度に分けることができます。 不協和音程は、まず、おだやかな不協和音程な長2度、短7度の二つと、 鋭い不協和音程な長7度、短2度、そして不安定な不協和音程となる、 増4度と減5度とに分けることができます。 採譜の場合、聴こえた音をそのまま楽譜にしていきます、理論を知っていれば、前後のつながりなどからも把握ができるのでより正確な採譜が可能です。
posted by 採譜フレーム at 22:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。