音程の“転回”について解説します

音程を形成する2音のうち、高いほうの音を1オクターブ下げるか、 低いほうの音を1オクターブ上げると、 オリジナルの音程は逆転して新しい音程が生まれます。 これを「音程の転回」と呼びます。 長音程を転回すると短音程、短音程を転回すると長音程となり、 増音程の転回は減音程、完全音程の転回はそのまま完全音程になります。 つまり、こういうことです。 ・長音程⇔短音程 ・増音程⇔減音程 ・完全音程⇔完全音程 オリジナルの度数と転回された度数を足すと、 「9」になることは覚えておいて損はないでしょう。 M7(長7度)⇔m2(短2度) m7⇔M2 M6⇔m3 m6⇔M3 P5⇔P4 +5⇔-4 +4⇔-5 ある音程を転回させてみると、音の響きや広がり具合、印象が変わりますが、 サウンド自体の性格は保たれます。実際に音を出して確認してみてください。 採譜の場合、実音をそのまま楽譜にしていきますが、理論を知っていれば前後のつながりなどからも音の流れが把握ができるのでより正確な採譜が可能です。
posted by 採譜フレーム at 18:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 楽譜作成・採譜サービス トップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

楽譜作成にあたり、音程の呼称解説

2度の高さの差を「音程(インターバル)」といいます。 音程は角度と同じ「度」で表され、 完全1度はユニゾン、短2度はセミトーン、長2度はホールトーン、 完全8度はオクターブといいます。 音程はコード(和音)を構成する方法や、コード進行における各コードの連なり、 さらにはハーモニーなどを分析する上で欠かせません。 音を鳴らしたときには同じ音程となるものを 異名同音程(エンハーモニック・インターバル)といいます。 このうち増4度と減5度は代表的なエンハーモニック・インターバルで、 トライトーン(全三音)と呼ばれています。 9度以上の音程は複合音程と呼ばれており、15度が2オクターブに相当します。 それ以上の音程は表現する必要はなく、実用的に使われているのは13度までで、 楽譜作成するにあたっても、それに基づいて行っています。
タグ:楽譜作成
posted by 採譜フレーム at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 楽譜作成・採譜サービス トップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。